20代にお勧めの婚活方法【SNSを使って理想の相手を見つけよう】

好意をさりげなく伝える

スマホを持つ人

相手に伝わる言葉選び

婚活の場で出会った相手とlineで連絡を取り続けていると、自分以外にもlineしている相手がいるのか不安になることがあります。婚活をしている男性は気になる女性とlineなどで連絡を取り合っていても、相手からの脈ありサインが感じられないと諦めて別の女性を狙ってしまいます。自分を一番に見続けて貰うためにも、脈ありであるとさりげなく相手に伝えることが大切です。脈ありサインの中でも定番なのがハートマークを文章に使うことです。メールの絵文字と同じように文章に入れてもいいですが、lineにはかわいいキャラクターのスタンプがあります。ハートの入ったスタンプならくどくならずにかわいらしさも演出できるのでおすすめです。lineを送るタイミングも重要です。好意を全面に押し出すなら、相手からの返信後なるべく15分以内に返信しましょう。人はより多くの会話をした相手とより親密になるため、返信が多いほど相手の印象に残りやすくなります。ただし、夜中に返事が返ってくる場合などは次の日の朝に返信すると重くなりません。相手が返事しやすいような文章を送るのも長くlineを続ける上で重要です。相手が振ってくれた話題に対して相づちだけの短い文章を返すのではなく、話を発展させるか別の話題も添えて返信しましょう。デートとデートの合間のlineが関係を発展させることも多くあります。気になる男性には脈ありサインを有効活用してlineを送ってみてください。